本文へ移動

育成契約・福島がプロ初先発、5イニング2失点の力投も「走者を出してから焦ってしまった」と反省【中日2軍】

2022年3月31日 19時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発し5イニング2失点の福島

先発し5イニング2失点の福島

◇31日 ウエスタン・リーグ広島2―0中日(由宇)
 今季から育成契約となった中日・福島章太投手(19)がプロ入り後初先発し、5イニング2失点と力投した。「緊張し過ぎることもなく、しっかりと準備して試合に入れました。ただ、走者を出してから焦ってしまいました」
 初回は連打を浴び、併殺の間に先制点を許し、5回にも1点を失った。最速140キロの直球に加えスライダー、カットボール、チェンジアップを投じ、打たれた安打は3本だけ。一方で5四球と課題もあり「もっとテンポよくストライクゾーンに投げ込んでいかないといけなかった」と反省点を挙げた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ