本文へ移動

【中日】松葉、6回に連打浴び降板も…2番手藤嶋が後続を抑える 5回まで二塁踏ませず80球無失点の力投

2022年3月31日 19時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表1死、楠本の打球に反応する松葉

6回表1死、楠本の打球に反応する松葉

◇31日 中日―DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の先発・松葉貴大投手(31)は、5イニング1/3を投げ、5安打無失点、80球の力投でマウンドを降りた。
 6回1死から楠本、佐野に連打を浴び、1死一、三塁のピンチで降板したが、2番手・藤嶋が後続を三ゴロ、遊直に抑えた。
 松葉は、5回までは多彩な変化球とテンポの良い投球でDeNA打線を手玉に取り、二塁は踏ませなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ