本文へ移動

大阪桐蔭・谷口が決勝で史上3度目の満塁弾【センバツ】

2022年3月31日 15時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表大阪桐蔭1死満塁、星野から満塁本塁打を放つ谷口

8回表大阪桐蔭1死満塁、星野から満塁本塁打を放つ谷口

◇31日 センバツ高校野球決勝 近江―大阪桐蔭(甲子園)
 大阪桐蔭の2番・谷口勇人外野手(3年)が決勝では大会史上3度目となる満塁本塁打を放った。
 14―1と大量リードして迎えた8回。1死満塁の好機で近江(滋賀)の2番手左腕・星野の2球目を強振。ぐんぐんと伸びた打球は右中間スタンドへと飛び込み、満塁本塁打でさらに4点を加点した。
 決勝での満塁本塁打は1930年の第7回大会で第一神港商(兵庫、現神港橘)の高瀬、82年の第54回大会のPL学園(大阪)の松田に続く3本目となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ