本文へ移動

66歳・倉本昌弘が9年ぶりツアー参戦「予選通過したい」【男子ゴルフ】

2022年3月30日 18時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今季男子ゴルフツアーの国内初戦、東建ホームメイトカップが31日、三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋(7062ヤード、パー71)で開幕する。
 3月に8年務めた日本プロゴルフ協会(PGA)会長を退任した倉本昌弘(66)が、PGA主催の日本プロ選手権を除くと9年ぶりにツアーに参戦する。
 「予選通過したい。自分の枠だけど、若い人から見ればロートル。若い人に譲った方がいいという気持ちも分かる」
 66歳の永久シードは今季、尾崎将司に次ぐ史上2人目のエージシュート達成を目標に5、6試合出場する予定だ。予選は木下稜介(ハートランド)、久常涼(SBSホールディングス)と同組で回る。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ