本文へ移動

サヨナラ3ランの近江・大橋は人生初アーチ 「どよめきで入ったんだなと」【センバツ】

2022年3月30日 18時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
11回裏、サヨナラ3ランを放ち、雄たけびを上げて生還する近江・大橋(右)

11回裏、サヨナラ3ランを放ち、雄たけびを上げて生還する近江・大橋(右)

◇30日 センバツ高校野球 準決勝 浦和学院2―5近江(延長11回サヨナラ、甲子園)
 近江(滋賀)の捕手・大橋が人生初アーチとなる劇的なサヨナラ3ランを放った。同点で迎えた延長11回1死一、二塁。「とにかく後ろにつなごう」と打席に入り、内寄りのスライダーを強振。高々と上がった打球は甲子園の大きなどよめきに押されるように左翼席へと吸い込まれた。
 野球を始めてから柵越えの本塁打は初めて。「打った時には分からなかったけど、どよめきで入ったんだなと。気持ちよかった」と破顔した。山田の170球の熱投に報いる一発に「本当によく踏ん張って投げていた。自分がカバーしたいと思っていました」と女房役としてど派手な“内助の功”となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ