本文へ移動

【センバツ】国学院久我山、大阪桐蔭の猛打止められず… 3投手つぎ込むも13点奪われる

2022年3月30日 16時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回、大阪桐蔭・丸山に適時二塁打を許す国学院久我山の渡辺

3回、大阪桐蔭・丸山に適時二塁打を許す国学院久我山の渡辺

 ◇30日 センバツ高校野球準決勝 大阪桐蔭13―4国学院久我山(甲子園)
 国学院久我山は大阪桐蔭の猛打を止められなかった。先発・渡辺建伸投手(3年)、2番手・松本慎之介投手(3年)の両左腕、3番手で登板した右腕エース成田陸投手(3年)がいずれも失点を重ね、計13点を奪われた。
 28日の市和歌山との準々決勝で、1試合の大会最多タイ記録となる6本塁打を放った打線が相手。前日の休養日に尾崎監督は「できれば3、4点で抑えてほしいが…。総動員になると思う」とコメントしていた。準々決勝まで好投してきた3投手をつぎ込み、本塁打こそ1本に食い止めたが、19安打を連ねられた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ