本文へ移動

【センバツ】サヨナラ本塁打は3年ぶりで大会通算22本目 滋賀勢では初

2022年3月30日 13時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
11回裏近江1死一、二塁、左翼席へサヨナラ3ランを放つ大橋

11回裏近江1死一、二塁、左翼席へサヨナラ3ランを放つ大橋

◇30日 センバツ高校野球準決勝 近江5―2浦和学院(甲子園)
 近江の大橋大翔捕手が延長11回に放ったサヨナラ本塁打は、2019年に明石商(兵庫)の来田涼斗(現オリックス)が準々決勝の智弁和歌山戦で打って以来、3年ぶりで大会通算22本目。滋賀勢では初。延長戦では18年に創成館(長崎)の松山隆一が3回戦の智弁学園(奈良)戦で延長10回にソロを放って以来、4年ぶりで12本目。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ