本文へ移動

<ミステリーの舞台探訪 直木賞受賞・米澤穂信さんの作品から> (6)高山・水無神社「飛騨生きびな祭」

2022年3月30日 05時00分 (4月4日 10時27分更新)
「飛騨生きびな祭」で境内を練り歩く生きびなたち=2014年4月、高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で

「飛騨生きびな祭」で境内を練り歩く生きびなたち=2014年4月、高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で

  • 「飛騨生きびな祭」で境内を練り歩く生きびなたち=2014年4月、高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で
 米澤穂信さんの作品「古典部シリーズ」の第四作の中の短編「遠まわりする雛(ひな)」は、神山市郊外の「水梨(みずなし)神社」で催す「生き雛(びな)まつり」で、お雛さま役をヒロイン・千反田えるが、その傘持ち役を主人公・折木奉太郎が務める話だ。生きたひな人形を模した行列が、その年に限って遠回りした理由を、主人公らが推理する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報