本文へ移動

<追う> ふるさと納税、〝収支〟明暗分かれる市町

2022年3月28日 05時00分 (3月28日 12時08分更新)
津市の返礼品を紹介するふるさと納税情報サイト「ふるさとチョイス」のページ=津市で

津市の返礼品を紹介するふるさと納税情報サイト「ふるさとチョイス」のページ=津市で

  • 津市の返礼品を紹介するふるさと納税情報サイト「ふるさとチョイス」のページ=津市で
 新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要を受けて伸びている「ふるさと納税」を巡り、県内の自治体でも明暗が分かれている。県都・津市では、二〇二一年度の寄付金は二月末時点で過去最多だが、他の自治体に寄付した市民の税金を軽減する「控除額」を差し引くと、赤字幅が拡大する見込みだ。一方で情報発信を強化したり、返礼品の魅力を高めるなどして黒字幅を広げている市町も。税収減は市民サービスの低下につながりかねず、各市町には税収を確保するための知恵が問われそうだ。 (松本貴明)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報