本文へ移動

【F1】角田裕毅は出走できず…決勝直前にまたもやマシントラブル「本当にがっかりの週末」フェルスタッペンが今季初V【第2戦サウジアラビアGP】

2022年3月28日 07時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファタウリの角田裕毅(ⓒRedBull Content Pool)

アルファタウリの角田裕毅(ⓒRedBull Content Pool)

◇27日 F1第2戦サウジアラビアGP(ジッダ市街地コース)
 アルファタウリの角田裕毅(21)は決勝直前に油圧のトラブルに見舞われて出走を断念した。ダミーグリッドにつくまでのレコノサンス(試走)ラップ中に駆動がなくなってコース上にストップ。そのままマシンを降りた。
 26日の予選でドライブラインの不具合でノータイムに終わるなどグランプリ初日からマシントラブル続き。決勝では19番グリッドからスタートする予定だった。「信頼性の問題が出て本当にがっかりの週末になった。クルマもコースとの相性が良かったのでいいペースで走れたと思う。走れなくて残念」と肩を落とした。
 優勝はレッドブルの王者マックス・フェルスタッペン(オランダ)で4
番グリッドから逆転で今季初勝利を飾った。
 2、3位にはフェラーリ勢のシャルル・ルクレール(モナコ)、カルロス・サインツ(スペイン)が続き、4位には初ポールポジションからスタートしたレッドブルのセルジオ・ペレス(メキシコ)が入った。
 メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)は10位と苦しんだ。
◆F1第2戦サウジアラビアGP決勝暫定結果
1・マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2・シャルル・ルクレール(フェラーリ)
3・カルロス・サインツ(フェラーリ)
4・セルジオ・ペレス(レッドブル)
5・ジョージ・ラッセル(メルセデス)
6・エステバン・オコン(アルピーヌ)
7・ランド・ノリス(マクラーレン)
8・ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
9・ケビン・マグヌッセン(ハース)
10・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
11・周冠宇(アルファロメオ)
12・ニコ・ヒュルケンベルグ(アストンマーティン)*
13・ランス・ストロール(アストンマーティン)
14・アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)=DNF
リタイア・バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
リタイア・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
リタイア・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
リタイア・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
DNS・角田裕毅(アルファタウリ)
DNS・ミック・シューマッハー(ハース)
*代役参戦
DNF=フィニッシュせず
DNS=スタートせず

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ