本文へ移動

<ミステリーの舞台探訪 直木賞受賞・米澤穂信さんの作品から> (4)平湯温泉「山荘 湯乃里」

2022年3月27日 05時00分 (3月29日 11時56分更新)
多くの「氷菓」ファンが訪れたことを紹介する、「山荘 湯乃里」の女将・荒井さん=高山市奥飛騨温泉郷平湯で

多くの「氷菓」ファンが訪れたことを紹介する、「山荘 湯乃里」の女将・荒井さん=高山市奥飛騨温泉郷平湯で

  • 多くの「氷菓」ファンが訪れたことを紹介する、「山荘 湯乃里」の女将・荒井さん=高山市奥飛騨温泉郷平湯で
 米澤穂信さんの作品「古典部シリーズ」の第四作「遠まわりする雛(ひな)」に収録された短編「正体見たり」は、神山市からバスで一時間半の温泉にある民宿「青山荘」で、主人公の折木奉太郎ら古典部員四人が合宿をする話。泊まった部屋の窓から、部員が見た首つりのような影の謎を、主人公が解き明かす。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報