本文へ移動

【グランパス】仙頭啓矢が「置いてあげるようなパス」で先制弾アシスト 酒井とのコンビは以心伝心

2022年3月26日 20時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―徳島 後半、シュートを放つ名古屋・仙頭(右)

名古屋―徳島 後半、シュートを放つ名古屋・仙頭(右)

◇26日 ルヴァン杯1次リーグ 第3節 名古屋2―0徳島(豊田スタジアム)
 名古屋グランパスは後半27分、FW酒井宣福(29)の移籍後初ゴールで先制。3分後にもFW柿谷曜一朗(32)が今季初ゴールを決め、快勝した。
     ◇
 MF仙頭啓矢(27)が、昨季の鳥栖時代からの同僚、酒井のゴールをアシストした。「ノリ君(酒井)がいい形で入ってきているのが見えた。置いてあげるようなパス出せば、あの人、腕強いんで」と信頼に基づいたパスだったと明かした。酒井のクロスに仙頭が入るシーンもあったが「試合後、答え合わせをしたら、共通の思いを持っていた」と、すでに以心伝心の関係。得点力不足解消へ、心強い共同作業だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ