本文へ移動

【F1】サウジアラビアGPは開催続行 サーキット近くの石油関連施設がミサイル攻撃受ける

2022年3月26日 20時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
炎上するサーキット近くの石油貯蔵施設=25日、AP

炎上するサーキット近くの石油貯蔵施設=25日、AP

◇26日 F1第2戦サウジアラビアGP(ジッダ市街地コース)
 25日のF1第2戦サウジアラビアGPの初日フリー走行中に、サーキットコース近郊にある石油関連施設がイエメンの親イラン武装組織からミサイル攻撃され、炎上したことを受け、国際自動車連盟とF1運営会社は26日、サウジアラビア政府や警備当局などとの協議の末に大会の開催を続行すると正式発表した。
 地元メディアなどによると、攻撃を受けたのは国営石油サウジアラムコの施設で、石油タンク2カ所から出火した。死傷者はいなかったという。
(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ