本文へ移動

宮原知子が現役引退「やりきったという気持ちでいっぱい」24歳の誕生日にブログで発表

2022年3月26日 15時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮原知子

宮原知子

 フィギュアスケート選手として2014年から全日本選手権4連覇、15年世界選手権銀メダリストの宮原知子が24歳の誕生日の26日、自身のSNSやブログで現役引退を発表した。
 ブログでは「3月26日」のタイトルで「皆さま、こんにちは。早くも3月が終わりに近づいてまいりました。暖かくなり、新しい季節の始まりを感じます。そして…本日は、私の24歳の誕生日です! このような日に、私から皆様へご報告したいことがあります」とあいさつ。
 「この度、現役を引退することを決断いたしました。唐突なご報告で申し訳ございません。いつが良いか思案した結果、自分の誕生日にしよう!と思い、本日となりました。今シーズン、スケート人生で1番、自分と向き合い、毎日を大切に過ごしてまいりました。これまで以上に、もうこれ以上はできないと納得いくまで練習し、試合に臨んだシーズンでした。私の中で悔いはなく、やりきったという気持ちでいっぱいです」と思いをつづった。
 さらに「今後の夢は沢山ありますが、まずはプロスケーターとして自分のスケートを極め、新境地を開いていけるよう、これまでの経験を活かして頑張っていきたいと思っております。詳細につきましては4月1日にメディア公表をいたします際にお話しさせていただきます。最後になりますが、スケート人生を通してサポートしてくださったコーチの方々、家族、友達、スケート連盟の方々、スポンサーの方々、ファンの皆さま、関係するすべての方々に感謝申し上げます。本当に本当に本当にありがとうございました」と感謝を伝え、「一言では伝えきれない気持ちでいっぱいです。この気持ちを少しでも自分のスケートで恩返しという形でお伝えできますよう、精進いたします。新しい幕を切り開いた、新しい宮原知子を今後ともどうぞよろしくお願い致します」と締めくくった。
 宮原は続く更新で「この度、スターズオンアイス・カナダツアーカナダへ日本人で初めて全公演キャストメンバーとして出演させて頂くことが決まりました。このようなチャンスをいただくことができ、本当に感謝しています。私にとって最高の誕生日プレゼントです! 早速、忙しい日々が始まりますが、新入生として、また新たに沢山学び、吸収していきます!」と新たなチャレンジを報告した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ