本文へ移動

【ヤクルト】高卒3年目の長岡はスタメン抜てきに応え適時二塁打「守備で足を引っ張ってしまった」と奮起

2022年3月25日 21時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト長岡

ヤクルト長岡

◇25日 ヤクルト―阪神(京セラドーム大阪)
 高卒3年目で初の開幕1軍を果たしたヤクルト・長岡秀樹内野手(20)が、「6番・遊撃」のスタメンに抜てきした高津臣吾監督(53)の期待に応えた。
 4回の中前打に続く6回の打席でプロ初打点を記録。2死一塁で阪神先発・藤浪の直球を右翼へ適時二塁打を放った。
 その一振りに期待がかる有望株は「守備で足を引っ張ってしまったので、なんとしてでも取り返したかった」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ