本文へ移動

豪雨で倒れた大湫の大杉、研究成果を市民向けに報告 専門家に質問も

2022年3月25日 05時00分 (3月25日 05時00分更新)
 豪雨の影響で倒れた瑞浪市大湫町の大湫神明神社のご神木の大杉に関する研究成果を市民に発表する「学術研究報告会」が二十四日、瑞浪市総合文化センターであり、市民ら約七十人が集まった。
 二〇二〇年七月に倒れてから、全国の研究者が倒木の原因や樹齢の測定など四つのテーマで研究を続けてきた。研究の成果を広く市民に知ってもらおうと、大湫町コミュニティ推進協議会と市が開いた。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧