本文へ移動

間に合った!岡林勇希2番スタメン有力「痛いのかゆいの言っていられない」【中日】

2022年3月24日 21時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
打撃練習する岡林

打撃練習する岡林

 20日のロッテとのオープン戦(バンテリン)で、走塁中に右手薬指を痛めて別メニュー調整だった中日の岡林勇希外野手(20)は24日、東京ドームの前日練習でフルメニューをこなし、初の開幕スタメンへ前進した。
 フリー打撃では約40スイング。「何も問題なく打てた。ここまできたら、痛いのかゆいの言っていられない。『試合に絶対勝つんだ』という気持ちでやっていく」と気合十分。患部にテーピングを施し、キャッチボールの距離は短めだったが「(相手の)鵜飼さんが下がってくれなかっただけっす」と笑いを取る余裕も見せた。
 立浪監督からは練習中に2番打者の心得を伝授されたといい、状態が問題なければ「2番・右翼」で出場見込み。「(オープン戦で)結果を残してきた中で、緊張の方が大きい。自分のできることをやりたい」と立浪竜の初陣白星へ全力を尽くす。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ