本文へ移動

サウジアラビアの新リーグが今季のスケジュールを発表 だが出場選手は未発表【武川玲子コラム】

2022年3月22日 21時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
グレグ・ノーマン=2009年

グレグ・ノーマン=2009年

◇コラム「ゴルフ米ツアー見聞録」
 ゴルフ界を騒がせている、グレグ・ノーマン(オーストラリア)率いるサウジアラビアの新リーグがついに今季のスケジュールを発表した。「リブ・ゴルフ・インビテーショナルシリーズ」と銘打った2022年の全8大会は6月にロンドンで開幕する。レギュラーシーズンの7大会は個人戦とチーム戦を繰り広げ、最終戦は10月下旬、チーム戦によるマッチプレーで争う。
 ロンドン郊外にあるセンチュリオンGCで6月9~11日に開幕戦を行ってから、舞台を米国へ移す。7月はオレゴン州ポートランド、ニュージャージー州のトランプ・ナショナルGCで、9月にボストン、シカゴと転戦する。10月はバンコク、サウジアラビアとアジア圏で戦う。最終戦のみ開催地が未定となった。
 レギュラーシーズンは54ホールの3日間大会で予選落ちはない。48人が出場し、個人戦と12のチーム戦を同時に行う。スタートは複数のホールから各組が一斉に始めるショットガン方式を採用した。
 個人戦の賞金総額は各大会2000万ドル(約24億円)で、チーム戦は上位3チームが500万ドル(約6億円)を分ける。同シリーズの賞金総額は2億5500万ドル(約300億円)に上り、最終戦はさらに5000万ドル(約60億円)を上積みする。米ツアー(昨今は劇的に賞金が上昇しているが)と比べると、出場人数が少なく予選落ちもないことから、選手にとってはおそらく個人戦だけで3倍以上の報酬が見込まれる。放映は現在、ネットフリックス、アマゾン、アップルTVのストリーミングと交渉中という。
 ここまで大々的に発表された新リーグだが、肝心の出場選手の発表はいまだなし。「契約はしているが今は言えない」となんとも歯切れの悪いノーマン。トッププレーヤーの集結を見どころにしていたはず。「6月に必ず開幕する」と自信を見せるノーマンに勝ち目はあるのだろうか?
(全米ゴルフ記者協会会員)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ