本文へ移動

実現すれば落合博満を抜き史上最年長 中日開幕スタメンを託された44歳福留孝介「結果を残せるよう状態100に」

2022年3月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏無死、福留が中前打を放つ

6回裏無死、福留が中前打を放つ

◇21日 オープン戦 中日2―10ロッテ(バンテリンドームナゴヤ)
 最後のオープン戦で立浪監督が3番に据えたのは球界最年長野手の福留だった。「孝介は開幕戦は3番レフトで使います」。試合後、3月25日の巨人との開幕戦(東京ドーム)に先発起用することを明言した。
 福留は1977年4月26日生まれ。実現すれば44歳3カ月の落合博満(日本ハム)を抜き、開幕戦の史上最年長スタメンとなる。開幕で対戦する菅野とは通算80打数25安打、打率3割1分3厘と得意としている。東京ドームに限ると、44打数18安打、打率4割9厘と跳ね上がる。菅野にとってはこれ以上なく耳の痛い知らせだろう。
 実績に加え、指揮官は今の状態も“買い”とした。「相性もありますし、キャンプから非常に良い感じでやっていたので開幕戦は1試合頑張ってもらおうと思います」。左翼のポジションについては「状態のいい人を使う」と語っており、まずは初陣で菅野をたたくためのベストメンバーを組む。福留は「名前をあげてもらえるのは光栄なことですので、しっかり結果を残せるよう開幕まで100の状態になるようにしたい」と来るべき日に向け闘志を燃やす。この日も3打席目に中前打を放つなど存在感をみせた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ