本文へ移動

立命大生が被災地支援の体験報告 草津でシンポ

2022年3月21日 05時00分 (3月21日 11時54分更新)
避難所運営の仕組みを報告する内山さん=草津市大路のキラリエ草津で

避難所運営の仕組みを報告する内山さん=草津市大路のキラリエ草津で

  • 避難所運営の仕組みを報告する内山さん=草津市大路のキラリエ草津で
  • 被災地での支援活動などを話す西野さん=草津市大路のキラリエ草津で
 東日本大震災から十一年を機に、災害時の避難を考えるシンポジウムが、草津市大路のキラリエ草津で開かれた。立命館守山高(守山市)在学時に被災地支援に関わった大学生が、当時の活動や避難所運営の大切さを報告し、「普段から少しでも災害に備えて」と訴えた。 (北村太一)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報