本文へ移動

角田裕毅8位入賞を喜ぶ「非常にうれしい」「運が自分に向いた」【F1開幕戦バーレーンGP】

2022年3月21日 11時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8位入賞を果たしたアルファタウリの角田裕毅の走り(ⓒRedBull Content Pool)

8位入賞を果たしたアルファタウリの角田裕毅の走り(ⓒRedBull Content Pool)

 ◇20日 F1開幕戦バーレーンGP(バーレーンインターナショナルサーキット)
 アルファタウリの角田裕毅(21)が8位でゴールし、2年連続で開幕戦入賞を果たした。予選が16番手と振るわなかったが、スタート直後に順位を上げ、終盤まで積極的に入賞争いを繰り広げた。
 「非常にうれしい。スタートでいくつか順位を上げられたからね。それにレース終盤に他のクルマにトラブルが起きて、(順位がさらに上がる)運が自分に向いた。全体的に今回の結果は喜ばしいものだった」と笑顔を見せつつ、「中団のトップを常に維持するには、課題がたくさんある」と気を引き締めた。今季が参戦2年目。ルーキーシーズンは最終戦アブダビGPで自己ベストの4位入賞を果たし、ランキング14位。昨季も開幕戦バーレーンGPで9位入賞を獲得しており、今季も幸先の良い滑り出しを切った。
 ただし、チームメートのピエール・ガスリー(フランス)はマシントラブルでリタイア。兄弟チームのレッドブルも終盤まで優勝争いを繰り広げたものの、王者マックス・フェルスタッペン(オランダ)、セルジオ・ペレス(メキシコ)とも燃料ポンプの不具合でストップ。順位はついたものの、チェッカーフラッグを受けることができなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ