本文へ移動

バスケ観戦+困窮者支援 ドルフィンズがフードドライブ

2022年3月21日 05時00分 (3月21日 05時01分更新)
フードドライブで食品を寄付する来場者=中区二の丸のドルフィンズアリーナで

フードドライブで食品を寄付する来場者=中区二の丸のドルフィンズアリーナで

 プロバスケットボールチームの名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、余った食品を持ち寄り、困窮者支援に役立てる「フードドライブ」を二十日の試合前に、ドルフィンズアリーナ(中区二の丸)で実施した。
 チームはSDGs(持続可能な開発目標)を推進し、選手らはこれまでフードドライブに取り組んできた。昨シーズン後のアンケートで、ファンから「自分たちも参加したい」との希望が多く寄せられ、今回、アリーナの入場ゲート前に臨時のブースを設けた。
 市環境局も情報発信などで協力し、十九日と合わせ、親子ら約六十組が寄付した。桃の缶詰を持ち込んだ港区の高校生、田中琢磨さん(17)は「生活に困っている人を助ける活動を、観戦の際にできるのはすごくいいこと。多くのチームに広がってほしい」と話した。
 賞味期限のチェックや困窮者の自宅への配送は、名古屋グランパスと連携してフードドライブを続けている認定NPO法人「セカンドハーベスト名古屋」(北区)が行う。 (丸田稔之)

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧