本文へ移動

守護神の座は譲らずと山崎が1イニング無失点 争う三嶋も好調で三浦監督「悩みますよ」【DeNA】

2022年3月20日 21時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム戦で登板したDeNA・山崎康

日本ハム戦で登板したDeNA・山崎康

◇20日 オープン戦 日本ハム4―1DeNA(札幌ドーム)
 DeNA・山崎康晃投手(29)が7番手として8回に登板、最速152キロをマークするなど、1イニングを無失点とした。「順調にきている。真っすぐも思い切って投げることができました」と笑顔を見せた。
 オープン戦では三嶋一輝投手(31)と1試合ずつ交互に最終回に投げる守護神争いをしたが、2人とも無失点で譲らなかった。山崎は「開幕前から争うという部分は新聞等々で僕も目にしていましたが、マウンドで後ずさりするような感じではなかった」とモチベーションに変えた。
 三浦大輔監督(48)は「非常にいい。悩みますよ。だから決めていないですよ」とうれしい悲鳴。「2人に聞いてみてもいいんじゃない。多分知らないと思う」と、冗談交じりに報道陣をけむに巻いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ