本文へ移動

【FC東京】先制後のゲーム運びをたたえたアルベル監督「ボールを保持する形で試合を終わらせた」

2022年3月19日 18時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京・アルベル監督

FC東京・アルベル監督

◇19日 J1第5節 京都0―1FC東京(サンガスタジアム by KYOCERA)
 FC東京のアルベル監督は得点後のゲーム運びをたたえた。FWディエゴオリベイラのゴールで先制すると、そこからボールを保持して相手の攻撃機会を奪う指揮官の考えを実践。リードを確実に守り切り、途中出場のMF高萩、FW永井、DF渡辺も勘所を押さえたプレーでチームの勝利に貢献した。
 指揮官は「ボールを保持する形で試合を終わらせることを表現してくれて、本当にうれしく思う」と賛辞を惜しまなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ