本文へ移動

【センバツ】倉敷工、和歌山東に敗れ13年ぶり甲子園勝利ならず 延長突入も11回に7点を失う

2022年3月19日 15時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
倉敷工・福島

倉敷工・福島

◇19日 センバツ高校野球1回戦 和歌山東8―2倉敷工(甲子園)
 倉敷工(岡山)が延長戦で和歌山東に敗れ、13年ぶりの甲子園での勝利とはならなかった。
 1―1の同点で迎えた延長11回。ここまで1失点と粘りの投球をみせていた先発右腕・高山が連打で無死一、二塁のピンチを招くと、2番森岡に勝ち越しの右前適時打を許した。その後も4本の適時打を浴びてこの回に7点を失い、試合を決められた。
 開会式で選手宣誓を務めた中日2年目左腕・福島の弟・福島貫太主将(3年)は5打数1安打だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ