本文へ移動

父の期待背負い甲子園に 津島・稲沢出身の2選手、大垣日大から選抜へ

2022年3月19日 05時00分 (3月19日 11時42分更新)
「家族にいい姿を見せたい」と守備練習に汗を流す袴田選手=岐阜県神戸町の大垣日大グラウンドで

「家族にいい姿を見せたい」と守備練習に汗を流す袴田選手=岐阜県神戸町の大垣日大グラウンドで

  • 「家族にいい姿を見せたい」と守備練習に汗を流す袴田選手=岐阜県神戸町の大垣日大グラウンドで
  • 父の願いもかなえ、甲子園に挑む山田選手=岐阜県神戸町の大垣日大グラウンドで
 雨天順延となり、19日に開幕予定の第94回選抜高校野球大会。大垣日大(岐阜)のメンバーとして、津島市出身の1年袴田好彦選手(16)と、稲沢市出身の2年山田翔太選手(17)の2人が大舞台に立つ。ともに寮生活をしながら大きくステップアップし、高校球児だった父の期待も背負う。 (伊勢村優樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧