本文へ移動

犬山ドローン旅を高校生がいざなう 誠信高2の小澤さん撮影、市などSNSで発信

2022年3月19日 05時00分 (3月19日 22時55分更新)
「小澤くんと犬山ドローンたび」の一場面

「小澤くんと犬山ドローンたび」の一場面

  • 「小澤くんと犬山ドローンたび」の一場面
  • 犬山城のPR動画をドローンで撮影した小澤さん=犬山市観光協会提供
 犬山市と市観光協会、名古屋鉄道は共同で18日から、ドローンで撮影した犬山の観光地を会員制交流サイト(SNS)で配信する企画「小澤(こざわ)くんと犬山ドローンたび」を始めた。撮影者は誠信高校(扶桑町)2年生で、プロのドローンカメラマンでもある小澤諒祐(りょうすけ)さん(17)。SNSを使う若い世代に犬山の魅力を発信しようと、初回は国宝犬山城を取り上げた。 (水越直哉)
 小澤さんは小学5年でドローンの操縦を始め、中学1年の時にはプロの操縦士らが参加するコンテストで優勝した。人気歌手の米津玄師さんのミュージックビデオの撮影を手掛けるなど、プロとしての活動実績もある。
 今回の動画は、インスタグラムとティックトックは15秒に、ユーチューブは1分半に編集して配信した。上空から城と街を見下ろすアングルや、屋根瓦をなめるように撮影する場面など、ドローンならではの映像を盛り込んだ。天守の扉越しに市街地が見えるシーンは、小澤さんのお気に入りという。今後は木曽川鵜飼や日本庭園「有楽苑(うらくえん)」などを撮影し、月1回のペースで配信する予定。小澤さんは「犬山城の雄大さを、街並みとともに伝えることを意識した。これから犬山の見どころや市民の魅力も伝えていきたい」と話している。

関連キーワード

おすすめ情報