本文へ移動

早川家住宅から学ぶ輪中の水害対策 美濃文化総合研、国重文の内部見学

2022年3月18日 05時00分 (3月18日 12時23分更新)
延子さん(手前左から2人目)から所蔵品の説明を聞く参加者=海津市平田町三郷の早川家住宅で

延子さん(手前左から2人目)から所蔵品の説明を聞く参加者=海津市平田町三郷の早川家住宅で

  • 延子さん(手前左から2人目)から所蔵品の説明を聞く参加者=海津市平田町三郷の早川家住宅で
  • 国重文「早川家住宅」の主屋=海津市平田町三郷で
 西濃地域の歴史愛好団体「美濃文化総合研究会」は十七日、海津市平田町三郷の千代保稲荷神社周辺で「木曽三川下流地域の治水と排水」と題した現地研修会を行った。一般公開していない国重要文化財(重文)「早川家住宅」の内部を見学し、輪中地帯の邸宅にみられる水害対策の工夫を学んだ。 (芝野享平)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧