本文へ移動

レゴの突起で点字を勉強 3月18日、レゴランドに新施設オープン

2022年3月18日 05時00分 (3月18日 05時01分更新)
ブロックの突起を活用し、点字で自分の名前を表現する親子=17日、名古屋市港区のレゴランド・ジャパンで

ブロックの突起を活用し、点字で自分の名前を表現する親子=17日、名古屋市港区のレゴランド・ジャパンで

 4月に開業5周年を迎える名古屋市港区のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」は18日、点字などに親しめる新施設「レインボー・デザイン・スタジオ」をオープンする。子どもたちが遊びを通じて多様性を学べる場にする狙い。
 レゴブロックの突起を活用し、点字で自分の名前などを表現してもらう。17日には招待された家族連れが一足早く体験。名古屋市の小学2年、伊藤早穂さん(8)は「目の見えない人のために作るのは楽しかった」とはにかんだ。
 施設では、ブロックでカメラや車などを制作する体験会を開くほか、ブロックで作った6.4センチ四方の作品を複数取り付けると、壁一面(縦1.8メートル、横3.8メートル)に文字が浮かび上がるアートも体験できる。
 園内の入り口近くでは、約88万個のブロックでできたサクラの木(高さ4.4メートル)を5月8日まで公開する。(鈴木啓太)

関連キーワード

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧