本文へ移動

”真珠湾演説”のゼレンスキー大統領は『戦術家』江川紹子さんが私見「プーチン大統領との対比がすごい!」

2022年3月17日 19時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
米ワシントンの米議会に向けたオンライン演説に臨むウクライナのゼレンスキー大統領(AP)

米ワシントンの米議会に向けたオンライン演説に臨むウクライナのゼレンスキー大統領(AP)

 ジャーナリストの江川紹子さん(63)が17日、自身のツイッターを更新。ウクライナのゼレンスキー大統領が16日に米連邦議会で行ったリモート演説で日本の「真珠湾攻撃」をロシアによる侵攻と重ね合わせて支援を呼び掛けたことを受け、「ゼレンスキー大統領が米議会演説で真珠湾攻撃を挙げたことに反発する人がいるが、日本での演説が実現したら、米軍による各地への空襲に言及するのでは?」などと私見を述べた。
 ゼレンスキー大統領は米国が攻撃を受けた真珠湾攻撃や2001年9月の同時多発テロを例に出し「空から攻撃され、罪のない市民が殺されたことを思い出してほしい」などと訴えた。
 江川さんは「各国の人々の心に刺さる話題やことばを盛り込み、共感を呼び、今以上の支援を引き出すための演説なのだから」と発言の意図を分析し、「民主主義国家において、主権者たる国民の心を揺さぶることが一番と考えての行動でしょうから、ゼレンスキー大統領はかなりの戦術家だと思う。彼のスピーチライターは誰なのだろう。凄く優秀」と評価。
 さらに「SNSを駆使して発信し、それを各国のメディアが報じる。(米国の)トランプ前大統領の手法にも似ているが、ゼ氏はメディアを味方につけ、世界に支持者を増やしている分、さらに巧み。一方、国営テレビで専ら国民向けに演説という、古いコミュニケーションを続けるプーチン大統領。この対比がすごい!」と持論を展開した。
(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ