本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河、琉球に68-76で惜敗…角野、シェーファーが攻守に奮起も

2022年3月17日 14時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1Q 琉球の執拗なディフェンスをかいくぐりダンクを叩き込むジェロード・ユトフ

1Q 琉球の執拗なディフェンスをかいくぐりダンクを叩き込むジェロード・ユトフ

  • 1Q 琉球の執拗なディフェンスをかいくぐりダンクを叩き込むジェロード・ユトフ
  • 終始粘り強く攻守に奮起したアンソニー・ローレンス Ⅱ
◇16日(水) Bリーグ1部24節 三河 68-76 琉球(沖縄アリーナ)

シーホース三河アウェーゲーム24節
琉球ゴールデンキングス戦
西地区首位を独走する琉球との今季4度目の対戦は、序盤からお互いに集中力が高く、19度もリードチェンジを繰り返す激闘となった。ローレンス Ⅱとガードナーを中心に、角野、シェーファーが攻守に奮起するも、一歩及ばず68-76で惜敗した。
◆1Q
琉球 24–22 三河
互いの持ち味を発揮し、真っ向勝負の打ち合いに
スターティング5は、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
#9ローレンス Ⅱ、#19西田のアタックで先手を取るが、琉球もすぐに#4フリッピン、#30今村が取り返し、序盤から激しい点の取り合いに。
#32シェーファーがリバウンドを連取して、自らのフリースロー、#9ローレンス Ⅱのレイバックにつなげると、#54ガードナーとのコンビプレーで#19西田が加点、#9ローレンス Ⅱの3Pシュートとバランス良く得点を積み上げる。
僅差で追う展開が続くが、#32シェーファーのファストブレイク、琉球の執拗なディフェンスをかいくぐり#14ユトフがダンクを叩き込んで逆転。#18角野がスティールからボーナススローを獲得、#7長野の3Pシュートで前に出るも、琉球#34小野寺に立て続けに3Pシュートを浴びて、2点ビハインドで1Qを終える。

◆2Q
琉球 43–36 三河(琉球 19–14 三河)
角野、ユトフで対抗し、拮抗した展開に持ち込む
スタートは、#7長野、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#18角野、#32シェーファー。
#18角野のミドルシュートで同点に追いつく。琉球も#14岸本の3Pシュートで応戦するが、#14ユトフのミドルシュートで追随。#54ガードナーのスティールから#18角野が走って逆転する。
オフィシャルタイムアウト後も#54ガードナーのファストブレイク、#18角野のドライブで先行すれば、琉球がすかさず返上する我慢比べが続いたが、終盤に琉球#14岸本のドライブ、3Pシュートで抜け出され、7点ビハインドで折り返す。
◆3Q
琉球 58–52 三河(琉球 16–15 三河)
2点差に追い上げるが、終盤再び6点差に突き放される
スタートは、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
琉球#30今村のドライブ、#45クーリーのバスケットカウントで38-48と二桁リードを奪われるが、#54ガードナーがポストアップで攻め立て、#19西田がミドルシュート、#9ローレンス Ⅱがリバウンドをねじ込んで盛り返す。
琉球#30今村の3Pシュートで突き放されるも、#19西田が#54ガードナーとの2メンゲームで打開し、#32シェーファーがルーズボールに飛び込んで#54ガードナーの得点につなげる。
残り1分、#7長野のスティールから#32シェーファーがフリースローで加点し2点差に詰め寄ったが、琉球#7ダーラムの連続得点で再び点差を6点に広げられる。
◆4Q
琉球 76–68 三河(琉球 18–16 三河)
勝利への執念を見せるが、追撃及ばず惜敗

スタートは、#7長野、#14ユトフ、#15根來、#18角野、#54ガードナー。
開始早々#18角野がスティールを見せるなど積極的なディフェンスを仕掛け、#18角野のミドルシュート#9ローレンス Ⅱのアタックで反撃。開始2分に#14ユトフの3Pシュートで逆転に成功する。
琉球は#7ダーラム、#45クーリーの得点で対抗するが、#32シェーファーの合わせ、#7長野のフリースローで渡り合い、1点差でリードが入れ替わるシーソーゲームを繰り広げる。
アウトサイドシュートの確率が上がらない中でも、24秒バイオレーションを獲得するなどディフェンスで我慢して1ポゼッション差で喰らいつくが、琉球#45クーリー、#14岸本らの得点で、残り4分に6点のリードを奪われる。
#9ローレンス Ⅱのリバウンド、#54ガードナーのパワーアタックで最後まで死力を尽くすも覆せず、68–76で悔しい敗戦となった。

■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「本当にプラン通り、選手がディフェンスとリバウンドを遂行してくれました。トップを走っているチームに対して、1本のシュートや1本のリバウンドというのが非常に大事になってくるのですけれど、その中でシュートが入らなかったところが残念だなと思います。ターンオーバーも少なかったですし、オープンでシュートも打てているので内容的にはすごくよかったなと思っています。ただ球際の大事なところで勝つ、という点において琉球さんは去年よりもさらに強くなっていると感じました。」
(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ