本文へ移動

モータースポーツ界のレジェンド・高橋国光さんが死去 1961年2輪西ドイツGPで初優勝 四輪レースでも活躍

2022年3月16日 20時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
思い出のバイクにまたがる高橋国光さん

思い出のバイクにまたがる高橋国光さん

 2輪のロードレース世界選手権、F1世界選手権の両カテゴリーに参戦したモータースポーツ界のレジェンド・高橋国光さんが16日に82歳で死去した。
 国光さんは1960年にホンダのワークスライダーとして加入し、同年の2輪の世界グランプリ(ロードレース世界選手権)にデビュー。翌61年の西ドイツグランプリで初優勝を遂げた。その後は四輪レースに転向し、77年に静岡・富士スピードウェイで開かれたF1日本GPにスポット参戦し、9位完走を果たした。
 95年には初代ホンダNSXをベースにしたマシンで仏ル・マン24時間レースのGT2クラスに参戦し、土屋圭市、飯田章のトリオでクラス優勝。99年までレーサーとして第一線で活動した。2000年からは自身が率いる「チーム国光」の監督に専念し、18年と20年にはスーパーGTのGT500クラスでシリーズタイトルを獲得した。
 ホンダの三部敏宏社長も「高橋国光氏の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。高橋氏は、ホンダモータースポーツ活動の黎明(れいめい)期にライダーとしてともに世界の舞台にチャレンジして下さった方であり、四輪のレースにおいても四半世紀以上にわたりホンダのマシンで参戦し続け、数多くの勝利をともにあげてきました。高橋氏の存在はホンダにとってだけではなく、すべてのモータースポーツ関係者にとって宝そのものだと思います。これまでの多大な功績に対して、心より感謝申し上げます」と哀悼の意を表した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ