保育事業者支援サイト 笑み社労士法人

2017年12月20日 02時00分 (5月27日 05時27分更新)

◆国の助成金制度を紹介

 笑(え)み社会保険労務士法人(浜松市南区)は、保育事業者が利用できる国の助成金制度をまとめたホームページ(HP)を開設した。タイトルは「保育園労務サポートセンター」。保育現場で人手不足や離職といった課題が指摘される中、人材の確保や定着につながる九つの制度を紹介している。
 取り上げているのは、園側が有期契約職員らを正職員化した場合に対象となる「キャリアアップ助成金(正社員転換コース)」や、職員が園外での研修に自主的に参加する場合の休暇制度を設けた場合に受けられる「職場定着支援助成金(研修制度)」など。「社内体制を充実させ、求人でアピールしたい」といった目的別でも制度が調べられるようにレイアウトした。
 有期契約職員らのために、正職員と共通の手当の仕組みを設けた場合に受けられる「キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)」では、導入事例も記述。育児休業明けでパートタイムで働くベテラン保育士の能力を評価し、役職手当を付けたことで「よりやる気を持って取り組むようになった」との声を伝える。
 独立行政法人の福祉医療機構(東京)が今年五月に発表した全国の保育人材に関する調査結果では、保育士が不足していると回答した保育施設は全体の25・0%。職員の退職理由は「業界内での転職」(29・8%)が「結婚」(29・7%)とほぼ並んでおり、待機児童解消のために保育施設の新設や拡充が進む中、人材の獲得競争が続く現状が浮かぶ。
 ホームページの開設について、笑み社会保険労務士法人の鈴木美江代表社員は「制度は分かりにくい面もあるが、働きやすい環境づくりやキャリアアップの仕組みを整えるのに役立ててほしい。働く人が幸せになることが地域や保護者の安心にもつながる」と意義を語る。詳しくは「保育園労務サポートセンター」と検索。
 ◇その他の助成金制度 キャリアアップ助成金(人材育成コース)▽人材開発支援助成金(セルフ・キャリアドック制度)▽職場定着支援助成金(メンター制度)▽人材開発支援助成金(教育訓練休暇等制度)▽職場定着支援助成金(保育労働者雇用管理制度助成コース)▽人事評価改善等助成金
(久下悠一郎)

関連キーワード

PR情報