本文へ移動

ウォリアーズのカリーが八村塁を称賛「NBAを代表する選手になる」秋の日本開催には「ワクワク」

2022年3月15日 18時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見に出席した楽天の三木谷社長(中)

会見に出席した楽天の三木谷社長(中)

楽天グループとNBAは15日、東京都内で記者会見し、3年ぶりにNBAプレシーズンゲームを国内で開催することを発表した。東京五輪代表のPF/SF八村塁(24)を擁するウィザーズと、6度のリーグ優勝を誇るウォリアーズが9月30日と10月2日の2日間、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)を舞台に戦う。
 八村にとって今回は、NBA選手として初の国内での凱旋(がいせん)試合となる。この日の会見ではビデオメッセージを寄せ「ウィザーズで日本を代表してプレーできることをすごく楽しみにしている。これからも日本のバスケがもっと盛り上がれるよう頑張っていきます」と誓った。
 ウォリアーズには2度のリーグ最優秀選手(MVP)に輝いたPGステフィン・カリー(34)が在籍する。カリーも「日本でプレーできることにワクワクしている。八村選手は若手の素晴らしい選手で、NBAを代表する選手になるでしょう」などとメッセージを寄せた。
 NBAの試合が日本で開催されるのは2019年10月のプレシーズンゲーム以来で、これが通算15、16試合目。今回の両チームは初来日となる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ