本文へ移動

開幕2カード目中日戦で先発が有力なロメロ、ツバメ打線を4イニング2失点の粘投【DeNA】

2022年3月15日 17時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト戦に先発したDeNA・ロメロ

ヤクルト戦に先発したDeNA・ロメロ

◇15日 オープン戦 DeNA4―2ヤクルト(神宮球場)
 開幕2カード目となる中日戦(29~31日・バンテリン)での先発が有力な、2年目のロメロがヤクルト打線を4イニング4安打2失点に抑える粘りのピッチング。4四死球を与えるなど制球難で投球数は90球となったが「カットボールとチェンジアップが昨年よりいい感覚で投げられた。自分の持ち球をすべて使えたことはよかった」と振り返った。
 「ストライクとボールがはっきりしていたので、しっかり次回までに調整したい」と反省も忘れなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ