本文へ移動

清原和博さん、薬物治療で『先月かなり危ない』と医師に言われていた「立浪監督へのキャンプ訪問で救われた」

2022年3月14日 19時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
清原和博

清原和博

 西武、巨人でプレーした野球評論家の清原和博さん(54)が14日、ツイッターを更新。1カ月ぶりの薬物病院通院を終え、陰性結果とともに「先生から『先月はかなり危ない…このまま帰していいか迷った』と言われた。(2月22日の中日)立浪監督へのキャンプ訪問で救われ、なんとか踏ん張った」と報告。PL学園の後輩に感謝した。
 笑顔で愛犬つねと触れ合う写真に「そして今日は(愛犬)つねの誕生日!! また明日から一日、一日、大切に生きよう」とメッセージを添えた清原さん。
 フォロワーからは「心なしか先月、、タツナミー監督のもとを訪れていただいてから、、キヨさんの表情が明るくなった気がします」「1日の半分以上を欲と闘って、勝利してるあなたは本当に凄い! 来月も報告待ってます!」「立浪監督が、お薬以上の力を下さったのですね」「立浪ドラゴンズの応援よろしくお願い申し上げます」などの声援が送られた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ