本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河、立ち上がりからの熾烈なシーソーゲーム制し滋賀に93ー91で競り勝つ

2022年3月14日 17時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合時間残り8秒でダバンテ・ガードナーが逆転弾を決め勝利をつかみ取った

試合時間残り8秒でダバンテ・ガードナーが逆転弾を決め勝利をつかみ取った

  • 試合時間残り8秒でダバンテ・ガードナーが逆転弾を決め勝利をつかみ取った
  • 4Qの決定弾をアシストしたアンソニー・ローレンス
◇13日(日) Bリーグ1部16節 三河93 - 91 滋賀(アイシン体育館)

シーホース三河ホームゲーム16節
滋賀レイクスターズ戦GAME2
大勝した前日とはうって変わり滋賀とのGame2は、立ち上がりから熾烈なリードチェンジを繰り返す大接戦となったが、ガードナーが35得点、ローレンス Ⅱが29得点と強さを発揮し、粘る滋賀に93-91で競り勝った。
◆1Q
三河 25?28 滋賀
細谷 ハードなディフェンスと3Pシュートで牽引
スターティング5は、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
立ち上がりから#19西田がドライブで切り込んで先制点を挙げる積極性を見せる。一方の滋賀もエナジー全開で得意の3Pシュートとファストブレイクで波に乗るが、#4細谷が3Pシュート、中に切り込んでフリースローで加点と落ち着いてゲームをコントロール。激しい主導権争いを繰り広げる。
#4細谷の2本目の3Pシュート、#9ローレンス Ⅱ、#54ガードナーのドライブで5点リードするも、滋賀は#54オマラ、#15ラベナの得点で同点にされると、残り1分から滋賀#77森山に立て続けに3Pシュートを決められ、25-28と逆転を許す。
◆2Q
三河 45?48 滋賀(三河 20?20 滋賀)
激しいシーソーゲームが続き、3点ビハインドで後半へ
スタートは、#7長野、#9ローレンス Ⅱ、#14ユトフ、#18角野、#19西田。
滋賀#54オマラの連続得点で先行されるが、タイムアウトで相手のリズムを切ると、#19西田、#9ローレンス Ⅱの連続3Pシュートで31-31の同点に追いつく。
粘り強いディフェンスで滋賀の得点を止め、スティールから#9ローレンス Ⅱが立て続けに得点してリードを奪い、#19西田がフェイダウェイを押し込んで33-37でオフィシャルタイムアウトを迎える。
中盤以降も#54ガードナー、#9ローレンス Ⅱが取っては、滋賀#15ラベナ、#23 ガドソンが取り返しと、熾烈なシーソーゲームが続き、3点ビハインドで前半を終える。
◆3Q
三河 72?67 滋賀(三河 27?19 滋賀)
ガードナー 16得点の無双、5点のリードを奪う
スタートは、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
#54ガードナーを中心にオフェンスを展開。#54ガードナーは自ら押し込んで先制すると、鋭いパスで#9ローレンス Ⅱのゴール下をアシストする。
ディフェンスのギアを上げて開始からの約3分間を無得点に抑え、#32シェーファーのディフェンスリバウンドから#19西田が走って流れを傾けると、インサイドで強さを見せつける#54ガードナーの連続得点、#9ローレンス Ⅱのバスケットカウントで一気に突き放す。残り4分半には#54ガードナーが#54オマラとの1on1を制してリードを13点に広げる。
しかしそこから滋賀#77森山の3Pシュート、#23ガドソンのファストブレイクで反撃され、終了間際にも滋賀#9小澤に3Pシュートを決められて、5点リードで最終Qを迎えた。
◆4Q
三河 93?91 滋賀(三河 21?24 滋賀)
細谷のスティールからガードナーが決勝点、激戦を制して3連勝
スタートは、#7長野、#14ユトフ、#15根來、#18角野、#54ガードナー。
滋賀#23ガドソンの連続得点で先行されるが、#18角野、#54ガードナーのミドルシュートで対抗。#14ユトフ、#18角野の得点で80-71と抜け出すが、滋賀#14柏倉の連続得点、#54オマラのゴール下で1点差に肉薄される。
#54ガードナーと#19西田のピック&ロールで崩してそれぞれが得点し、再びリードを5点に広げるも、滋賀も#23ガドソンの連続得点で一歩も引かない。
1ポゼッション差の接戦が続き、2点ビハインドで迎えた残り47秒、#19西田と#54ガードナーのコンビプレーで91-91とすると、滋賀#15ラベナのドライブを#19西田が粘り強いディフェンスで守り切る。ラストオフェンスを託された#19西田のドライブは滋賀に防がれるも、#4細谷がボールを奪い返し、#9ローレンス Ⅱを経由して#54ガードナーが押し込んで、93-91で競り勝った。

■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「まずはじめに、今日の滋賀さんは出だしから素晴らしかったと思います。エナジー全開で、まるでプレーオフの決勝のようなディフェンスでしたし、彼等の得意な3Pシュートと速攻を出されて、我々がついていくのが大変でした。
接戦を競り勝てるようになってきたことは、チームとして非常に成長に繋がります。接戦で落とすとメンタルも落としますし、もう一度説明していかなければならないので。そういった意味では、今日の第4Q最後は集中してよく頑張ったと思います。
この後は琉球戦がありますので、しっかりスカウティングして臨みたい思います。」
■滋賀レイクスターズ ルイス・ギル ヘッドコーチ 試合後コメント
「今日の試合は、昨日とは全く違い、ひとつひとつのプレーでしっかり戦う姿勢が見えたと思います。これを当たり前にして、しっかり戦っていきたいと思います。
今日の試合で、調整しなければならなかったのは、#54ガードナー選手のところです。簡単にやられてしまったので、1対1のディフェンスについては、チームとして成長していかなければなりません。
冒頭でお伝えしたとおり、今日は選手の頑張りについてはとても満足しています。オフェンスの部分では自分たちのやるべきことができて、数字の面でもアシスト数23という点は、大きな変化だったと思いますし、チーム全員がオフェンスの中でフィットしながらできたというのは良かったと思います。」
(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ