本文へ移動

鈴木優花が現役大学生で唯一のMGC出場権「大学のトレーニングの正しさを証明したい」【名古屋ウィメンズマラソン】

2022年3月13日 21時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2時間25分02秒で学生記録を更新し5位でゴールする鈴木優花

2時間25分02秒で学生記録を更新し5位でゴールする鈴木優花

◇13日 名古屋ウィメンズマラソン(名古屋市・バンテリンドームナゴヤ発着の42・195キロ特設コース)
 学生長距離界から新星が現れた。マラソン初挑戦となった大東大4年の鈴木優花(22)が、2時間25分2秒で日本学生記録を打ち立てた。2014年に当時仏教大の前田彩里(現ダイハツ)が作った記録を1分44秒上回る快走で全体5位(日本人3位)。現役大学生で唯一、来秋のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC=24年パリ五輪日本代表選考会)出場権を獲得した。
   ◇   ◇
 駅伝ファンにはおなじみの、黄緑のユニホーム姿でゴールに飛び込んできた。鈴木が人生初の42・195キロを駆け抜け、日本学生記録を大幅に更新する快挙を遂げた。
 「大学最後のレースで今できる精いっぱいの走りをするだけだと思った。35キロすぎから本当にきつかったけど、もがいてMGCを獲得できたのは大きな収穫。ここまで支えてくれた全ての方々に感謝の思いを伝えたい」
 在学中でのマラソン挑戦を心に決めたのは、イタリア・ナポリでの19年ユニバーシアード夏季大会だった。ハーフマラソンで優勝すると、外園隆監督(66)に「やっぱりマラソンだな! 確信したよ」と喜ばれた。ゴール地で見えたというベズビオ火山を背景に、鈴木も「マラソンで勝負したい」と腹をくくった。
 外園監督の指導は独特で、距離を踏むかわりに全身運動と筋力トレーニングを繰り返すサーキットトレーニングを行い、効率的に持久力と筋力を鍛える。鈴木は4年生になってからこれを重視して取り組み、けがなく成長を遂げた。通常ならマラソン前に40キロを数回走って距離を重ねるが、鈴木の場合は起伏のある道で30キロを1度走ったのみ。月間走行距離も500キロと、マラソン選手としては多くはない。
 「大学のトレーニング(の正しさ)を証明したい。自分にどれくらいの可能性があるのか、肌で感じたかったので挑戦した」と鈴木。見事に結果を残した教え子を、外園監督は「ありがたい。頼んだわけでもないのに」と感無量の表情を浮かてたたえた。
 この春から第一生命に入社し、マラソンで2年後のパリ五輪を目指す。大学長距離界が生んだ新星が、マラソンの名門でさらなる成長を遂げる。
   ◇   ◇
 ▼鈴木優花(すずき・ゆうか) 1999年9月14日生まれ、秋田県大仙市生出身の22歳。身長160センチ。同県立大曲高入学と同時に本格的に陸上を始めた。大東大に進み、19年ユニバーシアードのハーフマラソンで優勝。全日本大学女子駅伝は1年から3年連続で区間賞を獲得、昨年に全日本学生選手権1万メートルを制した。今春から第一生命に入社する。ハーフマラソンの自己記録は1時間14分36秒。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ