本文へ移動

「若手主体」でDeNA完敗…三浦監督「課題の多い試合」 上茶谷の大量失点招いた『原因』にも言及

2022年3月13日 19時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・上茶谷

DeNA・上茶谷

◇13日 オープン戦 DeNA0―6楽天(静岡)
 開幕ローテ候補の先発・上茶谷大河投手(25)が3イニング3分の2を投げ5失点、打線も楽天のローテ投手・滝中、勝ちパターンの継投に無得点に終わり、いいピッチャーを崩す課題は昨年からの積み残しとなっている。
 「今日は若手主体。ミスも出ましたし、課題の多い試合でした」。そんな選手起用上の“制約”もあってか、三浦監督はすっきりとした表情だった。
 開幕1軍当落線上の選手のスタメン起用が裏目に出た。3回に3失策が集中。右翼・梶原が打球の処理を誤ったかと思えば、一塁・田中俊はゴロを後逸と、上茶谷もカバーしきれない守乱だったが、指揮官は「エラーがあって不運だったけど、捉えられる打球が多かった。変化球でストライクが入らなかったので、真っすぐに絞りやすくなった」と分析。他の先発が残りのオープン戦で好投すれば苦しい立場となる。
 チームにとっての朗報はキャンプ中に右腹斜筋の肉離れで離脱、2軍調整中の佐野の復帰。番長は15日のヤクルト戦(神宮)から1軍に上げることを明言し「状態を見ながらですけど、合流するってことは試合にも出る予定にしています」と主将の復帰に笑顔だった。
   ◇   ◇
 ▽DeNA・上茶谷「結果が欲しかったので、この結果になってしまい悔しいです」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ