本文へ移動

「万全ではなかった」岩出玲亜、苦しみながらもMGC出場権獲得「仕事果たせた」【名古屋ウィメンズ】

2022年3月13日 17時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)竹本香奈子、岩出玲亜、川内理江

(左から)竹本香奈子、岩出玲亜、川内理江

◇13日 名古屋ウィメンズマラソン(名古屋市・バンテリンドームナゴヤ発着の42・195キロ特設コース)
 今回のレースで2024年パリ五輪出場権が懸かる来秋のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を獲得するなど上位に進出、または注目選手の談話は以下の通り。
 ▽ダイハツ・竹本香奈子(9位でMGCの出場権を獲得)「目標としていたMGC(の出場権)というのをしっかり獲得できて本当にうれしい。レースはすごくきつい中だったんですけど、絶対にMGCの舞台で走るという気持ちで最後まで走りきることができました」
 ▽千葉陸協・岩出玲亜(11位と苦しむもMGC出場権獲得)「万全な状態ではなかったので、MGCだけを取りにやって来た。今日は仕事を果たせた」
 ▽大塚製薬・川内理江(MGCの出場権を獲得)「今日の結果に満足していないのですが、最低限MGCの切符を獲得することができて、ひとまず安心しています。MGCまでにどんどん自分でチャレンジして上との差を縮めていくということと、1万メートルとハーフでもタイムを上げていくことをやっていきたい」
 ▽JP日本郵政グループ・大西ひかり(初マラソンは15位)「自分の中で満足いく練習ができていたので、自信を持ってスタートラインに立つことができたが、今は悔しい気持ちの方が大きい。目標を達成できなかった分、次に達成できるよう練習を頑張っていこうと思います」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ