本文へ移動

【名古屋グランパス】仙頭啓矢が攻守の切り替えで持ち味「もっと安定させないと」

2022年3月12日 21時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・仙頭(左)

名古屋・仙頭(左)

◇12日 サッカー J1第4節 川崎1―0名古屋(等々力)
 名古屋グランパスは、リーグ連覇中の川崎の速攻に沈み、2012年以来となる等々力でのリーグ戦勝利はならなかった。
 トップ下で先発した名古屋MF仙頭啓矢(27)は、中盤の守備からボールを奪取し、攻撃への起点を担うなど、長谷川健太監督が前日に「生命線」とした攻守の切り替えで持ち味を見せた。自陣からの攻撃の組み立てには「もっと安定させないと」と反省。「(高い位置からプレスに来る)相手を1枚はがせれば、一気にオープンな展開になる」と手応えと課題を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ