本文へ移動

被災地を訪ね現状から学ぶ 大津で大学生ら体験報告会

2022年3月12日 05時00分 (3月12日 14時47分更新)
被災地を訪ねた経験を語り合う学生ら=大津市瀬田の「tugumi」で

被災地を訪ねた経験を語り合う学生ら=大津市瀬田の「tugumi」で

  • 被災地を訪ねた経験を語り合う学生ら=大津市瀬田の「tugumi」で
  • 会場に掲げた被災直後の写真=大津市瀬田の「tugumi」で
 県内の大学に通う大学生らが、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災地をスタディーツアーで訪れたときの体験や感想を語り合う報告会が十日夜、人材育成会社が運営する大津市瀬田の交流施設「tugumi(ツグミ)」で開かれた。オンラインを含め約二十人が参加し、被災地の現状に耳を傾けた。 (北村大樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報