本文へ移動

英国の日本産食品輸入規制撤廃へ手続き進展 農水省

2022年3月10日 16時00分 (3月10日 16時00分更新)
 農林水産省は十日、東京電力福島第一原発事故後の日本産食品への輸入規制を巡り、英国の撤廃に向けた手続きが進展したと発表した。同国の議会手続きが順調に進んだ場合、近く撤廃される。輸入規制を設けた国・地域は最大五十五に及んだが、中国や韓国、ロシアなど十三に減る見通し。
 農水省によると、英国食品基準庁が九日、輸入規制の撤廃をイングランド、ウェールズの各保健大臣に勧告することを決めた。各保健大臣は撤廃案を策定する。それぞれの議会に提出し、議員の反対がなければ自然成立する。
 英国は、福島や宮城のキノコ類など、九県の産品に放射性物質検査証明書の添付を求めるなどしている。食品基準庁は昨年十二月から今年二月まで、規制撤廃を最も望ましい選択肢として、パブリックコメント(意見公募)を実施していた。
中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報