本文へ移動

片手打ちでインパクト感覚つかもう

2022年3月10日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回は、片手打ちの練習について説明します。トーナメントの会場へ行った時に朝の練習場で、プロが左右どちらかの片手一本で練習している姿を見ることがあると思います。左右の手にはそれぞれ異なった役割があり、片手打ちの練習は両手を同調させることが目的です。左右それぞれ、練習する際に気をつけるポイントを挙げてみます。 (取材・構成 堤誠人)

クラブ短く握る

 基本的に左手は「引く」動作につながり、右手は「押す」動作につながります。この2つの役割を同調させるためにも、左手で引く動きを確認し、右手で押す動きを確認すれば、その日のインパクトの感覚をつかむことができるようになります。右手で振った方が気持ち良い場合や、逆に左手で振った方が気持ち良い場合など、いろんなパターンがあると思います。自分自身が最もイメージしやすい方法で練習すれば良いでしょう。
 片手打ちの練習で気をつけなければいけないポイントは、まずクラブを短く握ること。これは、片手だとクラブの重さがかかりやすいからです。
 左手一本で振る場合は、なるべく手首が手のひらの側に折れるようなイメージで振ることです。手首が手の甲の側に折れてしまうとダフりやすくなります。また、手よりもヘッドの方が走りすぎて球が上がりすぎてしまいますし、あるいは、フェースが開いたまま球に当たるのでリーディングエッジから当たってトップしてしまいます。
 手首が手のひらの側に折れるイメージで振ると、クラブのロフトを立てていく動きになります。こうすれば、球が上がってスライス回転してしまう人も低いドローが出るので、それだけでもかなり球が強くなります。そのあたりを意識して打ってみてください。
 次に、右手一本で振る場合です。こちらは、手首が手のひらの側に折れるとフェースが開き、手元をヘッドが追い越してしまうので手前をたたいてしまいます。結果的にロフトがつく動きをしてしまうと球も上がるし、飛ばないし、ということになります。
 手首を手の甲の側にしっかりと折ってバックスイングを上げると、自然にヘッドが手よりも遅れてきます。このように打つと、体とクラブがしっかりとつながった状態で使えるようになります。
 この左手と右手の使い分けを朝の練習場で意識すれば、その日のインパクトゾーンのつくり方などが簡単になります。左右のどちらで打っても同じような高さで、少しドローの回転がかかった球が出るようになれば球を飛ばしやすくなりますし、アプローチのベースにもなってくると思います。このあたりを意識して練習してみてください。

【旅ノート】国内女子開幕戦 新たなスタートに興味津々!!

 先週、国内の女子ツアーが開幕しました。今年の琉球GCは前週までとは違い、とても暖かく、良い天候で開催されました。
 開幕戦は今まで行くことができていませんでしたが、開幕戦ならではの新たなメーカーと契約を結んだ選手たち、キャディーバッグに入っている各メーカーの新製品のクラブ、そして新たなコーチやキャディーとタッグを組んでいたりと、いろいろ興味のあることがたくさんあって、見る側としてもとても面白かったと思います。
 僕がサポートしている選手たちも開幕戦を迎え、結果的には不本意ではあったと思いますが、無事にけがなく送り出すことができ、その点については良かったと思います。
 また、沖縄のたくさんの方々が会場に訪れて盛り上がっている姿を見て、とても気持ち良かったです! これから続く試合に向けて気持ちを切り替えて、僕も頑張ってシーズンを走り抜きたいと思います!

 ▼目澤秀憲(めざわ・ひでのり) 1991(平成3)年2月17日生まれ、東京都出身の30歳。埼玉平成高、日大卒。大学卒業後に米ボストンへ語学留学し、日本人では数人しか持っていないTPIレベル3を取得。コーチとして河本結、有村智恵、永峰咲希らを指導し、河本の米ツアー参戦や永峰の国内メジャー大会制覇などに導く。昨年からは松山英樹と専属コーチ契約を結び、米ツアーに同行している。

 取材協力 キングフィールズゴルフクラブ(千葉県市原市新巻377番地)
 (電)0436(36)6111=代表
(毎月第2・4木曜日の紙面に掲載)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ