本文へ移動

東京湾・春タチウオ良型が大暴れ! 富津港「鹿島丸」から出船

2022年3月10日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
龍神様の化身となったタチ兄ィ!120センチのド迫力

龍神様の化身となったタチ兄ィ!120センチのド迫力

  • 龍神様の化身となったタチ兄ィ!120センチのド迫力
 本格的な春の到来に東京湾のタチウオがうれしさ余って大暴走をしている。千葉県内房の富津港「鹿島丸」では龍神様の化身となったタチ兄ぃとのバトルで連日にぎわいを見せており、パワフルな強引に癒やされる人も続出。萌えよドラゴン! 龍神祭りはすでに最高潮に達していますぞ!! (中日釣ペン 竹川啓二)

◆水深70メートル前後 広範囲に反応

<概況&釣り場> 頭の先から尻尾まで肉厚なマッチョに変身したタチ兄ぃ。完熟ボディーからの強引は強烈の一言である。
 「春は良型が中心。ヒットした瞬間から最後まで強引が続きますから面白いですよ」とは鹿島孝夫船長。
 釣り場は聖地「観音崎」沖周辺。水深70メートル前後に広く反応が出ているが、神出鬼没の幽霊だから、どこに現れるかは秘密だ。心して掛かろう!

◆餌は大きいほうが良い 誘いは怠けず常にアピール

<タックル&仕掛け> 図を参照。同宿では道糸PE1・5号のみ。オモリは40号と60号を使い分け、1本針がルール。
 餌はコノシロの切り身で3回の縫い刺しを推奨する。
 「貢ぎ物(餌)は大きいほうが良いぞ! 誘いは怠けず常にアピールせよ。ワシに祈りが届かなければ(誘いの)動きやリズムを変えてみよ。ワンパターンではワシも飽きてしまう」と、龍神様からのお告げであった。

◆タナと誘い方 船長の指示厳守

<釣り方> タチウオ釣りは誘いが命! 指示ダナの下から上を誘い上げていくのが基本だ。船長からタナとその日にマッチした誘い方が常にアナウンスされるので聞き逃さないように。
 さらにヒットしたタナは必ず確認しておくことも大事。次回はその周辺を丁寧に探るのが春タチの必勝法である!
 アタリは最初コツコツとか、フッと小さく表れるが、これは前アタリだから見送り、次に竿先をグッと押さえ込む本アタリが来たら強めにアワセる。1メートル超の良型が中心だから取り込みはハリスを短く持って抜き上げる。他の人の道糸と交差していたら必ず内側から取り込むこと。外側からだとタチウオの歯で道糸を切る場合もあるので注意したい。
<船宿メモ> 鹿島丸=(電)0439(87)2186。タチウオ乗合料金は9500円(餌・氷付き)。女性、子どもは割引あり。予約制で港に6時集合。準備が整い次第出船。別船はカサゴ、食わせフグなどリクエストで出船する。
<交通> 車が便利。館山道・木更津南ICから国道16号バイパスで富津岬方面へ。富津港の一番奥の岸壁を右折(看板あり)して突き当たりまで直進すれば受け付けの軽トラックと乗船場所がある。無料駐車場完備。
<こちらもタチウオに出船中>
【浦安】岩田屋
【深川】冨士見
【東大井】船宿いわた
【横浜】打木屋
【金沢八景】一之瀬丸
 なお出船日や釣り方などは各船宿に確認を。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ