本文へ移動

【ロッテ】7年目の平沢が2の2!3試合連続安打で3季ぶり1軍出場へ必死のアピール

2022年3月8日 21時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・平沢

ロッテ・平沢

◇8日 オープン戦 日本ハム5-5ロッテ(千葉・鎌ケ谷)
 7年目のロッテ・平沢大河内野手(24)が8日、途中出場で2安打を放ち、3試合連続安打をマーク。2019年以来、3季ぶりの1軍出場に向けて必死のアピールだ。
 「一試合一試合やることは一緒だと思う。先を見過ぎても僕の立場では良くないので。一試合一試合やれることをやって、あとは開幕を迎えるだけかなと思っている」。3回の守備から出場。三塁と二塁を守り、バットでは2打数2安打。オープン戦6試合で9打数5安打と打ちまくっている。
 実戦で三塁の守備に入るのは今年になって初めてだったが、過去には1軍で一塁、二塁、三塁、遊撃、外野で出場した経験があり、「これからもっと練習して慣れていかないとだと思うが、そこまで嫌な感じはしない」と無難にこなした。
 2016年に仙台育英高(宮城)からドラフト1位で入団し、1年目に1軍デビューを飾ったが、右肘手術で過去2年間は1軍出場なし。今春もキャンプイン直前で新型コロナウイルスに感染して出遅れながら、懸命に練習を重ねてはい上がってきた。
 井口資仁監督(47)も「打席での選球眼も常にいい。(ボールを)しっかり捉えられてきている。最後まで三塁なり遊撃なりのレギュラー争いをしてくれたらいいなと思っている」と大きな期待を寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ