本文へ移動

【中日】根尾、二塁打直後のけん制アクシデントに立浪監督「(指を)ついたわけではない」と説明

2022年3月8日 21時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏1死二塁、打者土田のとき、根尾がけん制で帰塁する

8回裏1死二塁、打者土田のとき、根尾がけん制で帰塁する

◇8日 オープン戦 中日1―4オリックス(刈谷)
 試合前にNPBから外野手登録への変更が発表された中日・根尾昂外野手(21)は「しっかり打って、試合に出ます」と決意を語った。
 この日は「1番・右翼」でオープン戦初スタメン。8回には山岡から右中間を破る二塁打を放った。ただその後の二塁けん制の際に右手を痛めたようなしぐさを見せてトレーナーが駆けつける一幕も。それでも立浪和義監督(52)は「(手の)上からタッチされただけ。(指を)ついたわけではない。大丈夫だと思います」と説明した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ