本文へ移動

【中日】ブライト“プロ初”本塁打だ4安打だ!「そこまで強く振らなくても飛んでいってくれる」

2022年3月8日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回無死から左翼へプロ初本塁打を放つブライト

5回無死から左翼へプロ初本塁打を放つブライト

◇8日 ウエスタン・リーグ春季教育リーグ ソフトバンク0―8中日(タマスタ筑後)
 中日のドラフト1位ルーキー・ブライト健太外野手(22)=上武大=は「1番・中堅」で先発出場し、5回にプロ初本塁打を放つなど4安打と活躍した。
     ◇
 待望の一発は、確信に結び付く何にも代えがたい収穫のあるものとなった。教育リーグに入ってから状態を上げてきたブライトが記念すべきプロ初アーチを放った。
 「ストレートをそこまで強く振らなくても飛んでいってくれることが分かりました。打った瞬間、行ったかなと思いました」
 1、3回に二塁内野安打と中前打を放った後の5回先頭での第3打席だった。育成左腕・大城の投じた4球目の直球を捉えて、左翼のネットに突き刺した。3回に出塁した際にはプロ初盗塁を記録。さらに6回には4安打目となる左前打を放った。1試合3安打以上の“猛打賞”もプロ初となった。
 3試合で打率5割7分1厘(14打数8安打)の活躍に、片岡篤史2軍監督(52)は「(ソフトバンク先発の)高橋純もボールが速かったからね。打っている内容が良くなってきている。ある程度1軍で投げている投手から結果を出していることは評価したい。どんどん続けていってほしい」と期待込めた。
 今後に向けブライトは「いい結果も出てきていますし、これをどれだけ続けられるかが大切になる」と気を引き締めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ