本文へ移動

【中日】近藤、連続無失点途切れる 2番手登板で1イニング2失点 先頭打者への四球反省「悔しい」

2022年3月8日 18時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回に登板した近藤

6回に登板した近藤

◇8日 オープン戦 中日1―4オリックス(刈谷)
 2番手で6回からマウンドに上がった中日・近藤廉投手(23)は1イニング2失点。先頭・福田に四球を与えると、続く杉本に左中間を破られる二塁打で同点に追い付かれた。さらに2死三塁から来田に勝ち越しの左前適時打を浴びた。春季キャンプの紅白戦から実戦4試合無失点だった左腕は「フォアボールを出してしまったことが反省です。悔しいです」と課題を口にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ