本文へ移動

【グランパス】負傷交代チアゴは8針縫う裂傷 長谷川監督「筋肉まではいっていない。傷口がふさがれば」

2022年3月6日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
チアゴ

チアゴ

◇6日 サッカー・J1第3節 名古屋1―1鳥栖(豊田スタジアム)
 前半11分に負傷交代したグランパスのDFチアゴ(31)は8針を縫う裂傷であると、長谷川健太監督(56)が明かした。
 チアゴは1―0の前半8分、走りながらのプレー中に足を滑らせて転倒。いったんはプレーを再開したものの、プレーが切れたタイミングで脚を押さえて倒れ込んだ。そのまま起き上がることができず、たんかに乗ってDF藤井陽也(21)と交代。試合後に長谷川監督が「裂傷。8針を縫った。筋肉まではいっていない。傷口がふさがれば」とコメント。筋肉や靱帯(じんたい)等のけがではないとの見解を示した。
 チアゴは今季、C大阪から期限付き移籍で加入。リーグ開幕・神戸戦(豊田ス)でも先発出場していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ